【スピリチュアル基礎知識】チャネリングとは?

今日は「チャネリング」について説明したいと思います。
『チャネリング』とは、『自分以外の存在と繋がり、メッセージを送ったり、
その返事を受け取ったりする技術』のことです。
(高次の存在とコミュニケーションする技術)

ちなみにチャネリングは和製英語になります。

目次

チャネリングで『繋がることが出来る』存在

チャネリングで『繋がることが出来る』存在は、

ハイヤーセルフ(高次の自分)」
ガイド(高次の世界におけるあなたのサポート役、非物質の世界の指南役)」
「神様」
「天使」
「精霊」
「ご先祖様」
「守護霊」
「潜在意識」
「動物」
「植物」
「石」
「クリスタル」
「カード」

などがります。



『チャネリング』が出来るようになると、こうした見えない世界の存在たちから、『必要なときに、必要なアドバイスを、もらうことが出来る』様になります。

基本的には、 『誰でも、トレーニングを積むことで、様々な存在と自在に交流出来るようになる習得できる技術です。

高次元のメッセージは、『人間の言語で来るとは限らない』

高次元のメッセージは、人間の言語だけで来るとは限りません。
特に、慣れるまでの間は、人間の言語よりも
「ビジョン」
「感覚」
「直感」
「閃き」
「友人からのアドバイス」
「たまたま見かけたメッセージ」

などで受け取る事が多いはずです。


高次とのコミュニケーション形態の違いや、ちょっとした『コミュニケーションのためのコツ』みたいなものは色々ありますが、心をオープンにして、受け取ったメッセージを素直に読み解くことが、正しいチャネリングへの近道です。
あきらめず、何度もチャレンジしてみましょう。

注意が必要『繋がる対象は、必ずしもポジティブな存在とは限らない』

チャネリングをする際に、自分をクリアリングをしっかりしないと、ネガティブな存在や不成仏霊などに繋がってしまったりもすることもあります。

チャネリングを行う際は、受け取ったメッセージをしっかり吟味して、「自分が今どこに繋がっているか」を意識することが安全のためにも大切です。

繋がっている相手が『信頼できる存在』かどうかを見分けるポイント

「温かい感じがする」
「柔らかい感じがする」
「神々しい感じがする」
「会話の内容がポジティブである」
「人を貶んだり、恐怖心を煽ったりするような発言をしない」
「プライドをくすぐったり、極端に自分を持ち上げるような発言をしない」

一度安全に繋がったからといって、安心せず毎回丁寧に確認しましょう。

明確に自分が「どこに繋がりたいかの意図」をした上で、クリアリングがしっかり出来 ていれば、変な存在に惑わされることもそうそう無いのですが、気分が悪くなったり、頭が痛くなるときには、即チャネリングをやめて休みましょう。
気になる様でしたら、塩風呂などで浄化してみてください。

チャネリングの練習をしてみよう

チャネリングも『引き寄せの法則』を活用した願望設定と同じで、とりあえず「リクエストを出さないことには 始まらない」なのでガイドに対して、要望を投げかけてみましょう。

「私のガイドさん、私に対してアドバイスがあれば、私が『ガイドからのメッセージだ』と 気付けるような形で、日本語でメッセージをください」

と、宣言(意図)してみてください。

最初の頃は、ちょっと時間がかかることもあるので、しっかりアンテナを立てて、ガイドからの返事をいつでも受け取れるような姿勢を取りつつ、日々を過ごしてみてください。
人によってはその場で(あるいは当日中に)返事が返ってくるかもしれません。


Felice*Ritmoの人気メニュー

ガイドプロデュースセッション

❤︎ ガイドさんからのプロデュースセッション

・貴女のガイドさんをご紹介

・あなたのガイドからのアドバイスをお伝え

・あなたのガイドさんからのヒーリングをお届け

・あなたの夢に関わる過去生リーディングをお届け

・過去生ヒーリング(必要な場合のみ)

上記の内容をゆっくり2ヶ月かけてLINEチャットでお伝えします。

Category

ヘリオ
西洋占星術
エンパスとチャクラとヨガのお話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね♪
目次
閉じる