【ヘリオセントリック占星術】のアスペクト

目次

人生に影響している事が体感としてはっきり分かる角度

結び  0°の特徴は『 人生で中心的な役割をはたす 』

宇宙からのメッセージを受け取る時に中心的な繋がりとなる。

0°はすべての角度の中でもっとも強いつながりで、
自分の人生に影響がある事が、体感としてはっきりと現れやすい角度です。

幸福や一体感を持ってつながっている場合が多く、
惑星同士のつながりを最初から高いレベルで活かす事ができてしまいます。
また、最初から出来てしまうにもかかわらず、
その分野に強い愛情と興味を持つために、
学んだりチャレンジしたりを繰り返すために、
気がつけばその能力がさらに高まっていき
他の人には真似できないレベルにまで到達します。

ホロスコープでも、人生でも、中心的な役割をはたすケースが多く、
この能力を使ってリーダーになったり、とても秀でた職人タイプになることもあります。
※西洋占星術では 0°のつながりはコンジャクションと呼ばれています。

開き 180°の特徴は『 コンプレックス→人生の魂 』

宇宙からのエネルギーを受け取り
努力と修練を重る事でコンプレッスさえ味方に変える繋がりとなる。

このつながりを持っている人は、
この惑星同士のつながりを持つこと自体に、
とてもコンプレックスを持ち恐怖を覚えることさえあります。
しかし、あらがえないほどの強い想を同時に持っているため、
どんなに抵抗を感じても自身自身を止ることはせず、
恐怖を感じたまま押し進めていきます。
そして、トラ イ&エラーを繰り返し、その力と向き合い学びきった時に
気づけば自分の人生をカバーするほどの大きな力を身につけている
ということになるのです。

また、ホロスコープでも、人生でも、
そのチームが何かの目標に向かう上で『 チームの魂 』となるのはこの角度で、誰よりも熱い情熱を持ち目標に向かいチームをひっぱっていきます。
また、その目標をなぜ達成しなければいけないのかを
最もよく理解出来ていて、常に目標を生み出し実行する人でもあります。

※西洋占星術では 180°のつながりはオポジションと呼ばれています。

穏やかに影響する

120°の特徴は『循環』

宇宙からのエネルギー流れの中心となり
それを無限に循環させる繋がり

この角度で繋がっている惑星同士の役割を果たせば果たすほど幸福になり、
物事が上手に運び、調和が生まれてきます。
120°を持った人の人生が完成され始めると、
この循環は幸福を生み、幸福が循環しはじめ、徐々に循環が拡大していき、「幸福を生む循環」を産みます。

循環するものはお金だけに止まらず、精神的な幸福や
人とのつながりから生まれる豊かさ
シェアという形で知識や気づきかもしれません。
どんな場合でも結果として、その幸福は雪だるま式に増えていくのです。

※西洋占星術では 120°のつながりはトラインと呼ばれています。

72°の特徴は「良縁」

良い縁に恵まれ良い先生や先輩に出会い、学び、育まれていくか、
または、自分が教えるということを表す。


たとえば、金星と海王星が 72° でつながっているような場合、
幸せや癒しを(海王星)、感じて満たしていく(金星)ことを
人との縁によって深め、育んでいく(72°)というような意味に
捉えることができます。

また、72°には『 縁がある人に助けてもらう 』というような意味もあります。

※西洋占星術では 72°のつながりはクィンタイルと呼ばれています。

90°の特徴は人生の柱となる

このつながりを持っている人は、このつながりを持つ惑星同士の
存在や能力を現実化するための「柱」となります。


もしかした ら、本人にとっては当たり前なので気づかないかもしれませんが、このつながりを持っている人を外から見ると強くて激しい想いがあるように見えることがあります。

チームの中でも、人生でもその能力を活かす場合に、
実際に物事を進めていく上での柱=重要な役割になり、
責任感があり、物事をやり切っていきます。
たくさんの星と星のつながりから生まれる様々な能力中でも、
90°は物事を解決したり、前に進んでいくための中心的な役割になります。

※西洋占星術では 90°のつながりはスクエア / クォータイルと呼ばれています。

生計感覚と結びつく

60°はすべての角度の要素をもった「オールマイティー」な存在

宇宙からのメッセージを受け取り
オールマイティーな対応力を発揮する繋がり

60°はすべての角度の要素をもった存在です。
幸福の中でも不幸の中でも能力を発揮することができ
バランスが取れていて、このつながりを持っている能力に対して、
無謀な夢を見たり、また、過小評価もほとんどしません。
その結果、とても使い勝手の良い能力になっているため、
この力を使って生計を立てていく人もいます。

現代は極端な力が目立つ時代で、
多くの人が目立つ中心的な役割に目を向けがちですが
人生を心地よく、自分らしく生きていくためにはこのような
「オールマイティー」な力や性質の方が役に立つ場合もあるのです。

30°の特徴は「サポート」

どんなに輝いているように見える役割でも、この惑星の繋がりが生む角度は、
本質的な役割は他者のサポートという側面を持ちます。
たとえば、有能なリーダーはより多くの人々が
自分らしく生きられる道を示し、人が歩むことをサポート しています。

利他の精神で、他人のサポートを真剣に考えたときに
人は本来の輝きを放ち自分も大きく発展するのです。

また、自身がヘリオのチャートのメインのつながりである
0°や 180°、 120°、90°、60°などといったから生まれる役割を果たす上でのサポート機能としてこの 30°でつながっている機能が使われることが多いです。
また、0°や 180°などとは違い、強くないために、
人生の早い段階から手を付け成長する事ができるので、
結果この機能で生計を立 てていく人もいます。

※西洋占星術では 30°のつながりはセミセクスタイルと呼ばれています。

45°の特徴は「筋交い」

0°や 180°、120°、 90°、60°などといったメインのつながりから
生まれる役割を果たすために、がっちりと自身を支える機能として
この45°でつながっている機能が使われることが多いということです。

また、自身が役割を果たすうえでの「筋交い」という意味もあります。
このつながりから生まれる力で
人を支え、共に歩み支援することを役割とします。
主要な役割の中で、小さくてもしっかりとした責任を持ち、
全体の一部として活躍します。


「筋交い」が入らなければ、家は弱い構造になってしまいます。
人生も同じです。45°がしっかりと生かされている人生は強くて、ぶれないものになります。
また、0°や 180°などとは違い、強くないために、
人生の早い段階から手を付け成長する事ができるので、
結果この機能で生計を立 てていく人もいます。
また 90°の柱を作る際の支援役 、サポート役としての立場としても読めます。

※西洋占星術では 45°のつながりはセミスクエア / オクタイルと呼ばれています。

Felice*Ritmoの人気メニュー

ガイドプロデュースセッション

❤︎ ガイドさんからのプロデュースセッション

・貴女のガイドさんをご紹介

・あなたのガイドからのアドバイスをお伝え

・あなたのガイドさんからのヒーリングをお届け

・あなたの夢に関わる過去生リーディングをお届け

・過去生ヒーリング(必要な場合のみ)

上記の内容をゆっくり2ヶ月かけてLINEチャットでお伝えします。

Category

ヘリオ
西洋占星術
エンパスとチャクラとヨガのお話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね♪
目次
閉じる