【ヘリオ星読み】美学に基づき、目標を達成し人生をまとめあげて行く土星

占星術における惑星はずっと7番目の土星で終わりと考えられていました。

実際は土星の先には、天王星・海王星・冥王星がありますが、
それらはここまでの太陽を含む
7つの天体グループとはかなり性質が異なり、
太陽系と外の宇宙をつなぐ天体群になります。

太陽から土星までの7つが宇宙としてのひとつのまとまりの世界。
その境界となるのは土星。
それ以降にある惑星は、外宇宙と太陽系を結ぶ役目を果たす
土星外惑星です。

目次

美学に基づき、目標を達成し人生をまとめあげて行く土星

土星は、美学に基づき、人生を管理・監督して目標を達成し
人生をまとめあげ整え、バランスをとり 、調和することを表します。

土星に縁がある人は、
秩序や規則を上手に安定させ、機能させる仕組み作りが上手く
調和や規則性のなかに自分の美学を見出し
そんなときにこそ、土星からのメッセージを受け取ります。

土星のキーワードの意味

整えること、バランスをとる 、調和、
統べる、ルール、型、システム、 構造、官僚組織、秩序 、安定

ジオセントリックと、ヘリオセントリックの土星の意味の違い

土星は太陽から数えて7番目になります。
虹の7色、音階、7つのチャクラなど
古くから宇宙の法則は7が重要な単位でした。

土星の年齢域

土星はの年齢域は、56歳から70歳までの
晩年に近い時期をあらわし、
人生のまとめや最終的に行き着く場所をあらわします。

土星のテーマ『試練』

人間は太陽から土星までの
7つの天体が表すものを総合的に活用します

目的は太陽
感情が月(地球)
思考するのは水星
楽しむのは金星
情熱は火星
拡大は木星
と言うように全てを活用します。

このとき、どれが1つが過剰にならないように、
ペース配分するのが土星の役割です。

人生の時間は有限であり、
1つの天体が強く主張しすぎる事は
他の天体の動きを奪うことにもつながります。

なので、それぞれの惑星の配分は7分の1と決めて、
それ以上ははみ出してはいけないよと土星が管理します
土星は基準を決めて規則的に行い、例外的なものを嫌い、各惑星に忍耐を要求します。

その姿勢から土星は「試練の星」などと言われますが、
それは全体を機能させるために必要な役割なのです。

ひとつ前の木星ではどんどん拡大していきましたが、
土星はそれとは反対に余分なものをなくしていきます。
そしてその1つを全うしようとします

たくさんのことには手は出さずに、1番重要な事は何かを考え
最終的に自分がこの社会の中に残したいことに集中するのです。 

そのため、その人の最終履歴は、土星があるヘリオ星座と
関係していることが多いといわれています。

あなたの土星が入っている星座で、人生の「まとめ方」を考える

ヘリオ土星は、これまでの人生を統一していく目的やテーマをあらわします。
人にはいわない、内に秘めた密かな目標ではなく
それは必ず他人の目に分かるものであるのが特徴です。

なぜなら土星は管理天体であり、組織や形のあるものを作り
維持する性質があるからです。
土星が示すテーマは柔らかく曖昧なではなく、硬くて鈍い安全なものなのです

Felice*Ritmoの人気メニュー

ガイドプロデュースセッション

❤︎ ガイドさんからのプロデュースセッション

・貴女のガイドさんをご紹介

・あなたのガイドからのアドバイスをお伝え

・あなたのガイドさんからのヒーリングをお届け

・あなたの夢に関わる過去生リーディングをお届け

・過去生ヒーリング(必要な場合のみ)

上記の内容をゆっくり2ヶ月かけてLINEチャットでお伝えします。

Category

ヘリオ
西洋占星術
エンパスとチャクラとヨガのお話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね♪
目次
閉じる