仕事とスピリチュアル【今の仕事もしかして向いてないかもしれない】5個のスピリチュアルサイン

本当に自分に合った仕事にはどうやって出会えるのでしょうか?

自分に会う仕事をやりたいなぁ?何がいいヒントがないかなぁ?


という事で、今回は仕事とスピリチュアルの関係についてお話をしたいと思います。

最後まで読んでいってくださいね

実は、スピリチュアル的に考えると自分に合う仕事というのは魂の成長の進み具合で変わります。

まず最初、10代後半から20代は、仕事のなかで色々な体験を積むことで、自分の人生に必要なパーツを選び積み上げていきます。

それと同時に親からのカルマを消化する時期でもあります。

親からのカルマというとなんか怖い感じがしますが、親から無条件に与えられた常識や信念を社会経験の中で自分流にカスタマイズしていき、必要不必要を改めて選びなおすといえばいいでしょうか?

親からのカルマを消化したあたりから、自立して自分の力で生きていく事に思いが向く様になり自分の才能に気がつき、才能を開花させることで、本当の意味での自分に合った仕事に出会えるようになって行きます。

目次

仕事とも関係のあるスピリチュアルの特徴3つ

そもそもスピリチュアルって何?

まず初めに、そもそもスピリチュアルって何?ってことに対してお話すると、スピリチュアルとは、元々はラテン語のspiritusという言葉に由来するキリスト教からの言葉で英語ではspiritualと書きます。

「spirit」(魂) + 「al」(〜のような)spiritual

直訳すると意味は「霊的であること」となりますが、スピリチュアルの本質的な言葉の意味としては【魂の/精神的な/霊的な/本質的な】という意味で使われます。



仮に、人間にこのスピリチュアルの考え方を適用したとすれば、「肉体という骨や筋肉などの物質的な塊」と「体を動かしている魂や精神などの本質的な目に見えないもの」とに分けられると考えられます。

そして、この「体を動かしている魂や精神などの本質的な目に見えないもの」全てをスピリットと呼ぶのです。

つまり、人間の本質は体の様に目に見えるものだけではなく、目には見えない普遍の真理である目に見えない何か=スピリット(魂)だと考えることができるのです。



次は仕事とも関係のあるスピリチュアルの特徴について、少し難しくなるかもしれませんがお話したいと思います。

『人間の人生には見えない世界も関係している』

1つ目『人間の人生には見えない世界も関係している』という点です。

スピリチュアルは、見えないからこそ、「怪しいもの」「宗教的なもの」「困った時の神頼み」などという悪いイメージだけを持たれることがありますが、見えないもの全てをスピリチュアルと捉えると

日本人独特のおもてなしの心や、気遣い。場の空気を読み発言をする。今目の前にいない人の環境や心情にも心を傾け心配する。好みを予想してプレゼントを贈るなども、大きな意味ではスピリチュアルに含まれます。

『良くない感だけは絶対に当たる』という人は、マイナス面だけとっても上手にスピリチュアルを使えていると言う事でもありますよ(苦笑)

でも大丈夫です。自分の直感を大切にしながら、シンクロシティーを探す練習などをする事で、自分で人生を好転させていく事は可能です。



新しい視点で自分を見つめなおすことにつながる

2つ目『新しい視点で自分を見つめなおすことにつながる』ということです。

リアルな現実を生き抜く視点に加え、スピリチュアル的な視点を持つことで、自分を広い視野から俯瞰することになり、新たな自分の一面や社会の仕組みを再発見することで、今までは気づかなかった本来の自分の才能開花させたり、自分らしい幸せを見つめなおすことにもつながります。

人生にはイベント(カルマ)が伴う

3つ目『人生にはイベント(カルマ)が伴う』ということです。

カルマというのは必然的に発生する人生での課題です。

本人の意思に関係なく、突発的に発生するため辛い面にばかりフォーカスされがちですが、魂が成長するために体験したいテーマでの体験でしかないので、幸せな体験でも、不幸せな体験でも、スピリチュアル的には実は全く構いとされています。

複数のテーマの課題が絡み合っているので、一概には語れないのですが、お金のテーマの課題を体験したいだけですので、お金に困るか?裕福になるか?でスピリチュアル的には違いがあるわけでわはなかったりします。

以上、3つが特に仕事とも関係のあるスピリチュアルの特徴となります。

次に求職する場合と、転職する場合について、スピリチュアルな視点でのお話しをしてみたいと思います。


転職したくなったときにスピリチュアル的に気をつけること【今の仕事が向いてないかもしれない】5個のスピリチュアルサイン

【今の仕事が向いてないかもしれない】5個のスピリチュアルサイン

  1. 夜ちゃんと寝ているのに翌朝まったく疲れがとれていない。
  2. 最近、人生を変えるほどの大きな癒しがあった。
  3. 全く違う人から複数回同じ内容のアドバイスをされた。
  4. 以前はあれだけ夢中で楽しかったのに、周りの環境的に働き辛くなってしまった。
  5. 仕事以外の事で、ラッキーな事が続いてる。

【3個以上当てはまったら、自分の仕事に対する姿勢を見直してみて】

夜ちゃんと寝ているのに翌朝まったく疲れがとれない

1日のスケジュールを工夫して睡眠時間を確保しても、身体のダルさが抜けない。
毎日、ちゃんと熟睡しているのに朝起きれない。
休みの日に外にでかける元気もなく、ただだ一日中寝ている。

そんなあなたは、まずは睡眠時間を確保して寝てください。
睡眠不足を解消したら大概の悩みは解決する能力は復活します。

睡眠不足を解消しても、まだ眠くて辛い場合は、今の環境が合わなくなっている可能性があります。

休んでも、なんとなく体のだるさが続くといった時には、仕事での目標が低すぎる、もしくは目標がなくなってしまっているという場合と、周りの人の課題まで引き受けてしまっていて、疲れ果ててしまっている場合があります。

目標を持ち、周りとの環境が自分の魂とうまく噛み合っている場合には、たとえ体が疲れていても、仕事に対して主体的に頑張ることができます。

しかし、目標が低く周りとの環境が合わなくなった場合、潜在意識が状況を改善させるために働くため、体調不良としてキャッチしやすくなってしまうのです。

体のだるさや体調不良を感じた時には、本当に今の仕事のレベルや目標、環境が自分に合っているのかよく考えてみてください。

最近、人生を変えるほどの大きな癒しがあった

自分の人生の課題(カルマ)と向き合い根本から解消されて癒されると、今まで向き合っていた課題は終わり、次の課題へと変わります。

それに伴い今までの環境が全く合わなくなり、次の課題に適した環境に移るために、自分が望む望まないに関係なく何故か転職する流れに導かれたりする場合があります。

全く違う人から複数回、同じ内容のアドバイスをもらった

本当に重要なメッセージは、様々な方法で何度も伝えられます。

人だけでは無く、たまたま読んだ本
何気なく入ったお店のBGM
全く違う交友関係の複数のお友達から

偶然の一致が複数重なった場合はそのメッセージを比較検証してみましょう。

周りの環境が厳しくなった

スピリチュアル的な学びや役割が終わると、とても働きやすかった職場が周りの環境的に働き辛くなってしまうことがあります。

それなのに、将来の不安から次の扉を開ける勇気がなく辛いにも関わらず、今の仕事を無理やり続けていることはありませんか❓


これからどんな人生にしていきたいか❓しっかりとしたライフビションを思い描き、最初の一歩を踏み出してみましょう。

無理に辞める必要はありませんが、新しい仕事への希望を知人に伝えたり、ネットで情報収集をしてみましょう。


思いがけないチャンスに巡り会うかも


トントン拍子にお膳立てされる

本当に人生のステージが変わるときには、様々な偶然が重なって次づきに予定が埋まっていく場合があります。

とっても魅力的な仕事だけど、ちょっと生活条件的に無理だなぁ。
もう少しこうなればいいのに…残念だけど今回はお断りしよう。

と思っていたら、まるで自分の希望ピッタリのよく似た仕事に巡り会えたり、ちょっと怖い気もしますが、そんな時には、自分の内面と向き合い丁寧に確認しながら、その波に乗ってみてください。


まとめ

睡眠不足を解消しても、まだ眠くて辛い場合は、今の環境が合わなくなっている可能性がある。

自分の人生の課題(カルマ)と向き合い根本から解消されて癒されると、何故か転職する流れに導かれたりする場合がある。

本当に重要なメッセージは、様々な方法で何度も伝えられる。

スピリチュアル的な学びや役割が終わると、職場の環境が急に悪くなる場合がある。

人生のステージが変わるときには、ラッキーな偶然が重なってお膳立てれる。

Felice*Ritmoの人気メニュー

ガイドプロデュースセッション

❤︎ ガイドさんからのプロデュースセッション

・貴女のガイドさんをご紹介

・あなたのガイドからのアドバイスをお伝え

・あなたのガイドさんからのヒーリングをお届け

・あなたの夢に関わる過去生リーディングをお届け

・過去生ヒーリング(必要な場合のみ)

上記の内容をゆっくり2ヶ月かけてLINEチャットでお伝えします。

Category

ヘリオ
西洋占星術
エンパスとチャクラとヨガのお話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね♪
目次
閉じる